自然豊かな環境に囲まれた自然色の地柄
ハイキング、新緑・紅葉、山菜狩など豊富な自然に出逢えます。

茂木の自然、名所案内 Tourist information

茂木は、自然豊かな環境に囲まれた自然色の地柄です。自然を利用した『山』は、ハイキング、新緑・紅葉、山菜狩、茸狩、昆虫採集等山を歩くだけでも、豊富な自然に出逢えます。 『川』に下れば鮎つり、魚釣り、網ぶち、カヌーでの川下り、川原ではキャンプ、バーベキューなど、アウトドアを楽しむことができます。歴史的施設としては、茂木中央の鎌倉時代より江戸時代までの茂木城の跡地『城山』。ここから町を一望することができますし、町の象徴にもなっております。城山には、いろいろな伝説などの話もたくさんあり、探索してみてはいかがでしょうか・・・。

【世界に誇るサーキット場】
ツインリンクもてぎ

『ツインリンク茂木』は、世界に誇るサーキット場で、レース等、世界選手権も行われている立派な誇れる施設です。サーキット場を利用した年間通してのイベントや、サーキット会場にとどまらず多種多様な施設が整っておりますので、サーキット観戦だけでは無くご家族で、カップルで友達同士で、一年中楽しめます。是非、茂木にきていただいて、いろいろな使い方で茂木を御利用いただけますよう当ホテルでは、ご宿泊はもちろん、いろいろな企画を計画し、サポートいたしております。

【歴史的施設と活気あふれる街】

寺院は、鎌倉時代に源頼朝の祭った『安養寺』、茂木城城主を祭った『能寺院』など、多く健在します。又、宗派が全部そろっているのは、驚いた状況です。茂木の素晴らしい施設『道の駅』は、今日には数少ない活気あふれる施設で町のシンボルにもなっております。『体育館』、『運動公園』も他町には類を見ない充実した施設で、夏の合宿等は他町よりも利用客がたくさん来られます。

【主な観光名所】Attractions

アユおどる清流のみち・鎌倉山からの眺望

観光やなのある大瀬から那珂川沿いに、沿岸随一と言われる展望を楽しみながら茨城県境の新那珂川橋西口までのコースです。大瀬を出発すると、まもなく鎌倉山の登り道、そして沢沿いの山路を行くと、鷹の巣展望所に着きます。山裾の道を進みテイテイ淵の上を通って、下飯野バス停につきます。鎌倉山は、標高209m、川岸からおよそ100mの断崖からの眺めは、那珂川県立自然公園随一の景観といわれ、「栃木の景勝百選」に選ばれています。散歩道は、白糸の滝から出発して頂上まで、四季折々の景色、田園風景を楽しむことができます。
◆みごろ:10月中旬~11月中旬(紅葉) 4月下旬~5月下旬(新緑)

仏頂・高峰山遊歩道・カヌーツーリング

茂木町の最南端、益子県立自然公園内の茨城県境にある高峰山。標高519メートルの山頂からは、遠くは富士山、南東に霞ケ浦を見渡すことができます。山頂にはパラグライダーを楽しむ人たちが集まってきます。
関東一の清流那珂川はカヌーのメッカ。週末ともなれば、色とりどりのカヌーが川面を彩ります。ふるさとセンター茂木を拠点として、茨城県境までが初心者から中級者のコースです。

馬門の滝(まかどのたき)・大瀬観光やな

逆川の流れが市街地を過ぎ、谷間にさしかかる所にあるのが、馬門の滝。川岸には川にせり出した形で滝見台が設けられ、山の木々を背景に、逆川の清流をゆっくりと鑑賞することができます。
◆みごろ:10月中旬~11月中旬(紅葉) 4月下旬~5月下旬(新緑)那珂川沿岸随一の景勝地、大瀬地区では7月から10月にかけて「観光やな」が築かれ、鮎のつかみどりも体験できます。休憩所、食堂は年中無休です。

真岡鐵道のSL

茂木駅は真岡鐡道を走るSLの終着駅となっており、のどかな田園風景の中を煙を吐きながらSLが走る場面が見られます。週末ともなるとSLの走る姿をカメラに納めようとたくさんのマニアが集まります。道の駅もてぎ「もてぎプラザ」では、レストランや公園のベンチから、その雄姿を目にすることができます。
◆みごろ 新緑・紅葉の頃 運行日は毎週土・日・祭日・夏休みなど